webメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まこ
 
[スポンサー広告
名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方
名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方/鈴木康之/日経ビジネス人文庫

P12
 文章は書くものではない
 読んでもらうものである

p15
コピーを読む側の「読む能力」が落ちている。
言葉を知らない人にも伝わる言葉を考えなくてはいけない。

p24
コピーは「無からの創造」ではなく「有の発見」

p27
CERCA TROVA
「探せ されば みつからん」
 ヴェッキオ宮五百人広間の大壁画の中に小さく書かれていた言葉。
 この絵の下にレオナルド・ダ・ヴィンチの「アンギアリの戦い」が隠されていた事が、つい近年、実に500年の年月を経てから発見された。
 探せば良い言葉はみつかります。
 いい言葉に出会え、いい表現で文章が決まった時の喜びは、一度経験したら病み付きになります。
 待ち遠しい期待感を抱きながらじっくり粘る、この言葉探し作業で何より頼りになるのが「この話、聞かせたい、読んでもらいたい」という衝動の強さです。
 CERCA TROVA!

p33
「牛一頭食べたとしても、999円。」

p44
「人は健康な時に、
 そうじゃない自分を想像するのが、
 なんて苦手なんだろう。」

p51
「メガネは、涙をながせません。」

p57
「紙クズは
  もう一泊します。」

p110
 鬼塚喜八郎「失敗の履歴書」
http://www.asics.co.jp/corp/onitsuka/Download_PDF_J.pdf

p129
 僕らの仕事ってイタコに近いですよね。クライアントの話を聞いて、潜んでいる気持ちを汲み取るという。

p148
 人と同じことを思い
 人と違うことを考えよ

p185
 夜の底が白くなった。

p189
スマートなのは一文一義

p194
「こんちく症。
 どうしま症。
 花粉症。」

p205
「地震に、
 動揺しない家。」

p235
文章を書く上で必要な3つ
○情報:内容がなければ説明文にならない。説明するに足るだけの事柄を知っているか。調べたか。ぜひ人に説明したいと思ったか。
○整理:条件内で説明するための情報の整理。より豊富に、より親切に。そのための取捨選択。
○表現:正確で魅力的な言葉と文章の発見。もっと適切な表現はないか。無駄はないか。書き間違いはないか。いい余韻を残せたか。

p246
「消しゴムを使う人を見ると、」あ、この人はいま、一生けんめい
 闘っているんだな、と、なんだかちょっと応援したくなります。」
スポンサーサイト
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
「戦う組織」の作り方
「戦う組織」の作り方/渡邉美樹/PHPビジネス新書

P33
 ワタミでは「外食」「介護」「宅配弁当」が事業の三本柱になっている
 この事業モデルの強みは、お客様が金を出すときの「財布」がそれぞれ異なることだ。
 事業ポートフォリオを組むときに重視すべきことのひとつであるリスク分散ができているということだ。
 だから適切な経営判断を続ける限り、外部環境の変化やお互いの事業の食い合いなどで事業が崩壊することはない。これがワタミの強みだ。

P35
 その結果、今の日本の食料自給率は約40%。これは先進国の中でも最低レベル。

P37
 現在、後期高齢者と呼ばれる75歳以上のお年寄りの人口は急増期にある。そのための介護ビジネスや宅配ビジネスは、成長産業として位置づけられている。
 「高齢社会白書」などによれば、75歳以上のお年寄りの人口増加がひと段落するのは2025年前後のことだ。その頃には成熟産業となっているだろう。
 ただビジネスのピークとしては、それよりも7,8年前にくるだろう。

P39
 「世の中を変えるために、今どんな事業が求められているのだろうか」「自分たちの力を発揮できるのはどんな分野なのだろうか」といった事を考えているうちに社会に対するアンテナが立って、出会いは向こうからやってくる。

P40
 病院経営に携わってみて初めて知ったのは、高齢者が置かれている厳しい現実だった。
 病院には「社会的入院」という、治療は終わっているのに退院しても世話をしてくれる家族がいないせいで退院できない人がたくさんいる。現行の保険制度では入院が長引けば長引く程病院の収入が減る仕組みになっているので、病院側はできるだけ高齢者の方に出ていって欲しい。ではそうして出ていった高齢者の方はどうなるのか?

P41
 一方その介護事業でも、高齢者の事を考えたサービスはされていなかった。
 象徴的なのは「特殊浴」といって寝たままの高齢者にお湯と洗剤をかけて洗い、更にそのまま温風で乾かすというものがある。私はこれを見たときに「まるで食器洗浄機だ」と思った。

P45
 私の話を聞くと、そのときは社員のモチベーションは高くなる。しかし日常業務に追われるうちにやがて理念を忘れがちになる。その繰り返しだ。

P48
 自分の夢に日付を

P56
 会社とは理念集団である。社員が思いをひとつにできるからこそ同じ方向に向かって戦っていくことができる。

P66
 そこには、「こどもたちのために教育に打ち込む教師の姿」ではなく「給料をもらうために学校に来ている大人たちの姿」だけがあった。

P117
 「広辞苑」で「機」を調べてみると「物事や心の細やかなはたらき」「物事の起こるきっかけ、はずみ、しおどき」「素質、機根」
 「タイミング」といいかえるだけでは零れ落ちてしまう深い意味がある。
 部下を褒めたり叱ったりするときには、まず叱られることに耐えたり、ほめられることで慢心しない気力や根気が、相手にあるかを見極めなければいけない。

P118
 幹部は叱り、新人は褒める

P145
 自分の最大の強みは「天才肌の名選手ではなかったこと」

P151
 自分より一つ上の立場から、自分の仕事を見てみよう
 例えば課長の人は、自分が部長だったら自分をどう見るか考え、自分に欠けているもの、必要なものを考える。

P162
 ワタミでは全社員が「Date your dream.手帳」を持っている。手帳に夢を書き、いつまでにその夢を実現するのか、必ず日付を入れておく。

P164
 小4で母が他界し、小5で父の会社がなくなり、自分は社長になるのだと決めていた。

P174
 経営が悪化しても、それが原因で社員を解雇は絶対にしない。
 その分幹部の給料を減らして、社長の給料は0にする。

P176
 現代では会社の守るべきものが社員から株主に変わってしまった。
 社員は会社そのものだ。
 戦う組織は「人」なくしてありえない。
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
一日に24時間もあるじゃないか
一日に24時間もあるじゃないか/中谷彰宏/PHP文庫

P21
 時間を味方にするために 荷造りを早くしよう
 事前準備や段取りをどれだけ効率よくやれるか

P61
 「時給」の発想から抜け出さないと、いつまでも時間貧乏で終わってしまいます。
 これは長時間働く事に価値があるわけではないという意味
 同じ結果を出すなら10時間働いた人より1時間でできた人を評価するべき

P69
 時間を味方にするために 「何時間必要か」を考えるのではなく「1時間で終わらせるには」と考えよう

P88
 1時間遅れてくる人は何かどうしようもない事情の発生した人
 ところが5分の遅刻は気の緩み
 原因は本人の心の問題

P97
 時間感覚は「時間×人数」
 100人のを3分待たせるのは1人の人を300分待たせるのと同じ

P103
 会議には平気で遅れるのに飛行機の時間には絶対遅れないという人は自分が皆の時間を奪っているという自覚がない

P109
 相手のほうが自分より忙しいと思えるようになったら一人前

P113
 忙しい人と知り合うと、「なんて自分はヒマなんだろう」と気づきます。
 「うわぁ、この人すごいな」と思う人と友達になって、その人の時間の使い方を勉強して下さい。
 アメリカ人の会議は速い。本を読む速度も速い。次の授業までに読んでおかないといけない本がもっとあるからです。
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
上司の哲学
上司の哲学/江口 克彦/PHP文庫

*付箋メモ


P6
経営は目に見える要因が4割、目に見えない要因が6割で行うことが望ましい。

P7
経営者はそれぞれの分野で自分より優れた人材を使う能力があればいい。

P25
会社の存在理由は目的や目標、夢。
「こういうことをしたい」「こういうふうになりたい」それを原点に組織が生まれ、会社が生まれる。

P81
人間の幸福とは、自分の天分を引き出すこと
生涯を通して幸福を感じることがもっとも大切なことである
そしてその根本となるのが自らの人間的能力を自分の手で最大限に引き出すことなのだ

P87
要は自分の天分を見出し、それをより高める努力をしていくところに、風格や品格が生まれるのではないだろうか

P91
上司が部下の話に耳を傾けるメリットは
部下が「やる気を出す」「勉強する」
上司は「部下から尊敬されるようになる」「情報が集まってくる」

P101
 ”素直な気持ちで人の話を聞くことだ”と松下は言っている。この素直とは、なにもこどものように無知になれというのではない。思ったことをそのまま言ったり、行動に移したりということでもない。清濁を併せ知った上で、なおかつ清濁にとらわれずに結論を出していく。これが素直な心なのである。
 わかりやすくいうなら、すべてを承知の上で常に頭のなかをからっぽにしておくことだろう。なにかの情報を得た時、頭の中に置いておくのではなく腹のなかに落とし込んでおく。そうして、いつも頭の中をからにしておくことで、ストレートに頭の中に情報が入ってくる。それらを腹の中で消化し、まとめればいい。

P105
”長”のつく人間の責任は3つある
自分のグループの仕事をやり遂げる責任
自分の下にいる部下を育てる責任
新しい仕事を創造していく責任の3つ

P174
 従って企業が常に考えておかねばならないことは、一つの情報が瞬時に社内を駆け巡るというシステムをつくっておくことだ。部下が入手した情報がすぐに上に上がっていく、また上の情報がすぐに下に走っていくという状況をつくっておかなければ、これからの超高速時代にはついていけない。

P184
「俺は今こういう仕事をしている。この仕事をぜひ成功させたい。俺も自分の持っている情報を公開する。だから俺に足りない情報を教えてくれないか

P187
できれば挨拶の時に必ず名前を呼ぶようにする
「おはよう」ではなく、「おはよう○○さん」とする
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
14歳からの世界金融危機
14歳からの世界金融危機/池上彰/45 MINUTES SERIES 1

*付箋メモ



P19
ゴチャ混ぜにしてリスク分散
リスク分散で有名な言葉に「卵を全部1うのバスケットに入れてはいけない」というものがあります。
全財産を、たとえば株式投資などひとつの投資先につぎ込むと、失敗した場合、多額の損失を被る恐れがあります。そこで、株式投資ばかりでなく、不動産投資や預貯金など、財産を分散しておけば、全体としては、資産を減らす危険が小さくて済むという考え方です。

P21
 そもそも格付け会社は19世紀にアメリカで生まれました。きっかけは大陸横断鉄道の会社が資金集めのために社債の販売を始めたことです。
 まだ交通機関は馬車だった時代に、鉄道を建設するといっても、資金を出してくれる会社や個人はわずかなものでした。そこで、「この会社の経営状態は健全ですよ。この会社の社債を買っても、紙くずになる恐れは少なく、やがて利子がついて返還されますよ」というお墨付きを与える代位三者の会社が必要になったのです。

P41-42
 ニューヨークで原油の先物価格が決まりますと、それに基づいて日本が中東から買う原油の値段が決まります。その値段で原油を採掘し、原油をタンカーに積み込んで日本まで運んできます。値段が決まってから日本に届くまでに、二ヶ月弱かかります。
 ですから、ニューヨークの原油先物市場での値動きを見ていると、おおよそ二ヶ月先の日本国内での石油価格の値動きが予想できるのです。
 日本のガソリンの値段というのは、いくら安い値段で仕入れた在庫があっても、高い値段の石油が日本に届いたら届いた瞬間に小売価格もその値段まで跳ね上がる仕組みになっています。

P44
 リーマンブラザーズは、この「レバレッジ」で巨額の資金を運用していました。通常の場合はこれでもいいのでしょうが、いったん金融不安が広がると、すべては逆回転を始めます。たとえば、あなたが100万円の資金を元手に、1,000万円を運用していたとしましょう。1,000万円の資金で金利10%が実現できれば、利益は100万円。元手の100万円が倍になりました。ところが、金融不安が広がり、1,000万円のパッケージ商品がまったく売れずに200万円になったとします。損害は800万円。あなたの元手は100万円なのに、800万円もの損害が出て、元手の100万円を失っても、まだ700万円の借金が残ってしまいます。
 これがレバレッジの怖いところなのです。リーマンブラザーズはこれで深手を負いました。

p73
恐れなければいけないのは、恐れそれ自体
国の資金を使ってダムを建設したり、道路を建設したり、いろいろなことに使って景気を良くしよう。これがニューディール政策です。
ルーズベルト大統領の時代はラジオで、オバマ大統領の時代はインターネットで、「これからみんなで力を合わせていけば景気は良くなります」と国民を鼓舞した。

P85
株を買うと、もう毎日心配で、「いまは上がっているのか、下がっているのか」と、ひっきりなしに株価をチェックしたりしていると、仕事や生活に差し障りが出ます。それは、あなたが心配でしようがないくらいのお金をつぎ込んだからなのです。株を買って値動きがちょっと心配だけれど、どうなっているのか、たまに思い出してみるくらいの金額に収めておくのが一番いい。

P87
昔からよく言われているように、一番の投資は自分に投資することです。自分に投資をすること、つまり自分が勉強をすることです。自分が勉強することにお金を使うこと。それは語学学校に行ってもいいですし、何か資格をとってもいいのですけれど、自分に投資をするのが、将来のリターンが一番確実だということなのです。
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。