webメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まこ
 
[スポンサー広告
35歳までに必ずやるべきこと

35歳までに必ずやるべきこと

中古価格
¥1から
(2011/9/6 18:39時点)



35歳までに必ずやるべきこと/重茂 達/かんき出版

*以前読んで積んであった本。
 付箋のある部分をメモ。

p.56
勝つ方法を探すか、言い訳を探すか。
勝者と敗者の決定的な差はここ!

「勝者は勝つ方法を探し、敗者は言い訳を探す」

p.116
 部下に自信をつけさせるには、小さな成功体験を積み重ねさせることが一番良い方法だと思います。
 たとえば新人に飛び込み営業をさせる。「名刺を5枚はもらってきなさい」と指示したところ、十枚もらってきた。そういうとき「すごいじゃないか。目標の倍だね」と褒めてあげるのです。ベテランから見れば五枚や十枚なんて論外で、五十枚でもまだ足りないくらいですが、初めはそういうことを言ってはいけません。
 どんなにささやかでもプラスの結果を出したとき、それを認めてもらえると大変うれしいもので、それが意欲に繋がります。

 「自信は成功の第一の秘訣である」

p.120
他人に尽くせば自分に返ってくる―
 世間が放っておかない人材になれ

 他人のために何かをすることくらい、自分に役立つことはないと思います。
 アメリカにこういう話があります。
 あるホテルに大富豪の老人が滞在していました。従業員達はこの老人を嫌っていました。どんなに良くしてもお礼ひとつ言わないからです。逆にちょっとしたことで文句を並べ、無理難題を吹っかける。この老人と関わるのをみんな嫌がっていました。
 ところが新米の一人の青年だけは違いました。彼はこう考えたのです。
「この人はきっと病気なのだ…」
 病気だと思えば少々のわがままも許せる。そんなつもりでサービスに尽くしました。
 そして奇跡が起こります。ある日老人は青年に向かって「おはよう」と声をかけました。それをきっかけに二人はよく会話を交わすようになり、青年はとうとう富豪の経営するもっと大きなホテルの支配人に抜擢されたのです。

p.123
 人を変えるには何が一番大切か。それは「期待」です。
 期待ほど人を変える要素はない。「いくら教育してもダメ」という考え方は、その期待をも放棄してしまいます。

p.145
 職場での挨拶では次の四対の言葉は必須です。
 「おはようございます」に対しては「おはよう」または「おはようございます」。
 「行ってまいります」に対しては「行ってらっしゃい。がんばってください」。
 「ただいま」に対しては「お帰りなさい。お疲れさまでした」。
 「お先に失礼します」に対しては「お疲れさまでした」。

p.162
 急がしがるのは二流の証拠
 優秀な人は猛スピードで静かに動く
スポンサーサイト
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
comment
comment posting














 

trackback URL
http://makoweb.blog.fc2.com/tb.php/10-15cb7d90
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。