webメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まこ
 
[スポンサー広告
好きでやってるのにお金とるんですか?
 書き終って全体を読んだら何だか自分の愚痴にも取れると思ったので前置き。
 今日のメモ+独り言は会社内におけるデザイナの扱いに主軸を置いていますが、自分の事ではありません。
 「自分を敬え!」などと思った事はありません。(不満を捻出するのであればせめてもう少し同等に、程度です)
 ただ、同じ業種の人に対して、先輩や尊敬する人などに対しては、もうちょっとどうにかならないものかと考えております。

 以上、踏まえて↓


■技術者が高い金払ってくれる外国の企業に引き抜かれると売国奴呼ばわりする人達は何故か安い給料しか出さない日本の会社は批判しないので結局技術者なんて高い金を払う必要も無い社会の底辺としか見なしていないわけで人間そんな奴らのために働こうとは思わないからやっぱり逃げ出すよね。-[Twitter]

 極端に表現すると、技術者=生産の道具、雇い主=道具を使う知識ある人間、と思われてるのかな。

■「趣味で絵を書いてるのにお金とるんですか?」といってくる依頼主には「あなたのために書くのが趣味だと思いました?」と返すといいと思います-[Twitter]

 「↑こんな事言う人いるの」という意識の方もいるとは思いますが
 絵描きやデザイナが理解されない場所に居る私は↓こういう事を言われる事があります。

 デザインだなんて必要のないものに馬鹿高い金払うなんてふざけてる。
 機能を果たせばいいのに変人が自分の趣味な形や色にしただけでなんで金取るの?
 好き勝手らくがきして金もらえるなんて羨ましいよね、こっちは苦労して仕事してんのに。
 生まれ持って「センス」持ってる奴は楽でいいよ。

 「遊んでお金貰えてる」と思われてるんですよね。
 デザイナの仕事は仕事じゃないらしい。
 そりゃリテイクなしの10秒で描いた絵で一月暮らせるなら羨ましがりたくもなりますけど、そうじゃないのは理解して欲しいものです。

■「そんな安い値段で引き受けたら、相場が安くなりすぎてプロが生活できません」て著作業の方は同情の声が貰えていいよなー。中国労働力の価格破壊でボコボコにされた国内製造業には「国産高杉」「メーカぼったくりすぎ」「努力が足りない」「もういいよ潰れろwww」という罵声しか飛んでこないのに。-[Twitter]

 そしてこの流れにこの言葉が出てきた時に「日本の製造業世代が終わるというのも言われているよなぁ」と思って、ふと「同様に著作業も終わるのかな」という考えにシフトしてみようと思ったけれど著作は判子じゃ商売にならないのだから土俵が違うな、と改めて思った。
 判子を安価で量産したいなら製造業と同じで良いんだと思う。
 データなんていくらでもコピーできる。
 製造業にしたって大量生産のコストで勝負にならないなら「品質」「差別化」勝負に出るしかない。
 中国産の車より、日本産の車に乗りたいと世界が思う所にニーズがある。
 複製業務はアウトソーシングの時代というだけなんじゃないかな。
 ある意味「それ」が著作物軽視の現状に繋がってるという見方もできるけれど。

 製造業の方、いつもご苦労様です。
 ‥ある意味Webデザイナも使い捨て製造業か?

■能力が高くても仕事を請けることは出来ない

 と、いう流れできたものだからタイトルから数年前の某ベテラン声優さん降板事件関連を思い描いてしまいましたが中身は違いました(笑)
 あえて繋げるのであれば「仕事はできてもプロデュースできない」という点から。
 作れる人間がいて、それを営業できる人間がいて、それを統括できる人間がいて、会社って役割分担して大きな事を成し遂げる為の集まりだと思うんだけど、業種で見くびられるのって何か納得いかないよなぁ、なんて。

 オンラインゲームをしたことある人ならPTで例えると身に覚えがあるかもしれない。
 戦闘職と支援職、実際モンスターを倒してるのは戦闘職なんだから支援職は戦ってもいないのに経験値だけ貰いやがって、だなんて非難する人がいるけれど、全力で戦えるのは支援職のおかげなんですよね。
 支援がなければ小さな狩しかできないのに、戦ってやってるんだから支援されて当たり前って顔をしてる戦闘職がいる。
 家族に置き換えても、クラスメートに置き換えてもそう。

 自分の功績の影に誰がいるのか、忘れないようにして欲しい。






 そして冒頭でも書いたけれど私は楽しんでやっているので詰られても反論の余地はありません(笑)
 ただ、「楽しく仕事するなんて不公平だ」などと言うなら「仕事楽しめるように努力しろよ」とは思う。
スポンサーサイト
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[diary
comment
comment posting














 

trackback URL
http://makoweb.blog.fc2.com/tb.php/127-a61aec49
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。