webメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まこ
 
[スポンサー広告
説得できるWebデザイン200の鉄則

説得できるWebデザイン200の鉄則 顧客をがっちりつかむサイトはこう作る

中古価格
¥1から
(2011/9/6 18:49時点)



説得できるWebデザイン200の鉄則/山崎 紅・黒田 聡/日系BP

*以前読んで積んであった本。
 付箋のある部分をメモ。

p.10
作成のポイント5:利用者の心をつかむ

 ・オリジナリティの追求:提供情報の独自性
 ・臨場感の追求:提供情報の鮮度
 ・親近感の追求:インタラクティブ性の導入やコミュニティの形成
 ・信頼感の追求:セキュリティの確保と情報公開
 ・プロモーション:検索エンジンへの登録や無償ダウンロードサービスの提供
 ・リピーターの確保:アクセスログの分析と継続的な情報更新

p.21
見やすい工夫1:情報をグループ化する
ex
TEXT
とりあえず何か冒頭の長文文章がこのあたりにきて長々と折り返したりする
リストの見出し
1.いっこめ
2.にこめ
3.さんこめ
その後の何かしらの文章がこのあたりに
img

  ↓
TEXT
とりあえず何か冒頭の長文文章がこのあたりに長々と折り返したりする

リストの見出し
1.いっこめ
2.にこめ
3.さんこめ

その後の何かしらの文章がこのあたりに
img


p.133
検索性3:3クリック以内で目的に到達させる

p.138
マークアップ1:HTMLを正しく使う

 WebページはHTMLというマークアップ言語で記述される。この記述の仕方次第で、Webページのメンテナンス性とWebページのダウンロード時間が変わる。Webサイトを効率よく運営するためにも、利用者が快適に閲覧できるようにするようにも、正しくマークアップすることが大切である。

<Webサイトを効率よく運営する(メンテナンス性を高める)>
 ・CSSをリンク型で運営する
 ・フレームは使用しない
 ・DOCTYPE宣言を忘れずに行う(これを怠ると、Webブラウザによっては、画面表示が変化することがある)
 ・Content-Type指定を忘れずに行う(これを怠ると、Webブラウザによっては、文字化けする恐れがある)
 ・タグの閉じ忘れに注意する(HTMLのタグのツリー構造をインデントで表にしていくと忘れにくい)
 ・背景色や文字色の指定は、HTMLソースではなくCSSで行う
<利用者が快適に閲覧できるようにする(ダウンロード時間を短縮する)>
 ・CSSをリンク型で運用する
 ・検索エンジンがそのWebページの内容を解釈できるように適切なmeta要素を記述する
 ・背景色などマークアップで指定可能なものはマークアップにする
 ・内部ページでは、画像の占める割合は5%から15%にとどめ、むやみに画像を多様しない
 ・CSSでWebページの表示位置を制御する場合は、HTMlの表示順序と一致するようにしておく
 ・見出しにはhn要素、段落にはp要素など、Webページの論理構造を守ってマークアップする
 ・img要素にはalt属性(title属性)を指定する
 ・画像の最適化を行う
 ・img要素にはwidth属性とheight属性を記述する

p.151
インタラクティブ2:継続的に参加できる仕組みを作る

p.193
<プライバシーポリシーの記載項目低>
 ・個人情報とは何か
 ・利用者の個人情報を取得するWebサイト上のサービスは何か
 ・利用者が個人情報の提供を拒否できること、この場合のWebサイト上のサービスの提供制限の有無
 ・取得する可能性のある個人情報は何か(接続IPアドレスやドメインを含む)
 ・取得した個人情報の利用目的は何か、その事前開示を徹底する旨と開示方法
 ・取得した個人情報の第三者への供与の有無。開示する場合は開示条件
 ・個人情報の開示や更新の仕組み。利用者側からの確認・訂正・削除依頼の方法
 ・クッキーの有無
 ・プライバシーポリシーの適用範囲
<会員情報の取り扱いはせず、クッキーもしくは使用していない場合の最小限の文例>
株式会社○○は、個人情報に関する法律を遵守し、下記に示すポリシーのもとで個人情報の保護に努めます。

 個人情報を収集する目的
 当社のWebサイトでは、当社の採用情報、Webサイトに関する問い合わせに応じるために個人情報を問い合わせフォームに入力していただいております。この個人情報は問い合わせを受け付けることを目的として収集するものであり、他の目的に使用したり、第三者に提供・開示することはありません。

 個人情報の管理
 提供いただいた個人情報の管理には最新の注意を払うとともに、個人情報へのアクセスは当社の管理責任者にのみ限定しております。


 個人情報の開示
 当社は、第三者に個人情報を提供・開示することはいたしません。ただし、以下の場合には個人情報を開示することがあります。
 ・本人から個人情報の開示要求があり、それが本人自身からの要求であることを当社で確認できた場合
 ・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な開示要求を受けた場合
 ・人の生命、身体、財産などに関する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合

p.203
セキュリティ対策3:SSLを使用する
 電子商取引などを行うWebサイトでは、データの暗号化の仕組みの導入が不可欠である。特に、購入の際にクレジットカード情報の入力を求めるWebページでは暗号化は必須である。
 この暗号化は、WebサーバーとWebブラウザの間で行われるデータ交信を暗号化することで実現する。最も普及している暗号化の仕組みが、SSLである。Webブラウザに対応する仕組みが標準で組み込まれているため、利用者側では特に意識することなく利用できる。
スポンサーサイト
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[books
comment
comment posting














 

trackback URL
http://makoweb.blog.fc2.com/tb.php/38-84fc19fc
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。