webメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まこ
 
[スポンサー広告
フォトショメイクについてのメモ
この画像を
こんな感じに

 人物写真の見栄えをよくするフォトショメイクの簡易メモです。
 写真素材は有名すぎる「足成」さんから。


1.肌をなめらかにする


 肌の部分を「なげなわツール」で適当大きめに選択→コピーして新しいレイヤーの同じ位置にペーストします。


 ペーストしたレイヤーに「フィルタ>ノイズ>ダスト&スクラッチ」をかけます。


 「消しゴムツール」で、肌以外の部分を消して馴染ませます。


 具体的に消す位置は眉、目、鼻、口、髪、輪郭です。



2.目鼻の大きさを調節する


 「指先ツール」で気になる部分をちょっぴりズラします。


 具体的な調節は「目の輪郭の中央、黒目」を少し大きく、「小鼻、輪郭」を少し小さくです。



3.ハイライトを入れる


 新しくレイヤーを作り「スクリーン」状態にします。
 肌の明るい部分の色をとって、ハイライトを入れます。


 具体的には明るい肌色で鼻筋に一本、場合によっては頬の一番高い所に一個ずつ。
 レイヤーの不透明度は50%以下にすると自然です。

 また、このサンプルでは元々ハイライトがしっかり入っていたので不要でしたが
 「目と唇」に光を入れると一気に綺麗になります。
 こちらは通常レイヤーの不透明度50%以上に直接白で入れます。



 以上、あくまで基本であり、素材によってもっと調整は必要になるけれど大急ぎでWebの人物写真を修整する最低限処理のメモでした。
 余裕があるようなら涙袋にも気をつけると良くなります。




 本当は土日に更新する筈でしたが展示会の搬出を手伝っていたら結局更新が平日にorz
 因みにこの方法はあくまで見栄えを良くするだけなので、結構素材が物を言います。実際のメイクと一緒ですね。素材が良いからもっと美人になる、って寸法です。どんな人でも美人に出来るとかではありませんのであしからず。
スポンサーサイト
Posted by まこ
comment:0   trackback:0
[tips
comment
comment posting














 

trackback URL
http://makoweb.blog.fc2.com/tb.php/97-f514f91b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。